パンの種類と名前は?定番モノをランキングで紹介!


「定番のパンの名前と種類って、実際の
 ところ、どれくらいあるのかな?」


なんて、疑問に思ってませんか??


パン 種類 名前


日本人の心は、米(コメ)!と言いながら、
なんだかんだで、私たちの食卓に欠かせない
存在といえば、パンですよね。

最近では、体に良さそうな種類のパンも
いろいろと出てきて、ますますパンへの
関心が高まっている感もあります。


そこで今回は、定番中の定番ともいえる、
7種類のパンの種類と名前(神セブン!)を、
ランキング形式にして、まとめました^^

スポンサーリンク



定番のパンの種類(名前)は?ランキング発表!


第7位:バターの風味がたまらない♪ブリオッシュ

Akiko Nagaiさん(@nico.ako)が投稿した写真



ということで、定番のパンの種類(名前)
ランキング、まずはじめにご紹介する、
第7位のパンは、ブリオッシュ

バターや卵がた~っぷりと入った、
おやつ感覚で食べられる、フランスのパンです。


口に入れた瞬間広がる、あのバターの香り
たまらなくいいですよね♪

個人的には、パン屋さんで見かけたら、
進んで買う!ってわけではないですが、
友達の家とかで出されると、


「うわ~、これ美味しいよね^^」


と、かなりテンションが上がる
そんな存在のパンです^^


そのまま食べても、もちろん美味しいんですが、
フランスらしく、パテをのせて食べるのも!

ブリオッシュのバターの風味と、
パテのコクが絶妙にマッチして、
とっても美味しいです♪


第6位:素朴な色が特徴的!ライ麦パン


ライ麦パン


定番のパンの種類(名前)ランキング、
続いてご紹介する、第6位のパンは、
ライ麦パン

他のパンにははい、独特の酸味と、
ライ麦の配合率が高いものほど
濃くなっていく、あの色が特徴的です。


ちなみに、ライ麦パンの酸っぱさは、
ライ麦そのものの酸味ではなく、
サワー種によるもの。

サワー種っていうのは、ライ麦パンを
作るのには欠かせない、ライ麦と水で
作る、発酵種のことですね^^


ライ麦パンの酸味に、慣れていない方は、
はじめは、ライ麦配合率が50%以下のものか、
ナッツ入りのパンをチョイスするのがベスト。

そこから徐々に、配合率の高い(=黒い)
パンにチャレンジして、少しずつ変わる
酸味や食感を楽しんでいきましょう^^


酸味が強い分、一緒に合わせる食材は、
味・コクの強いもの、例えば、


  • チーズ
  • 生ハム
  • サーモン


なんかが、おすすめですよ♪


第5位:アレンジ自在!イングリッシュマフィン




定番のパンの種類(名前)ランキング、
第5位のパンは、イングリッシュマフィン

トーストすると、香ばしくサクッとした
仕上がりになるため、食欲のない朝にも
食べやすく、人気の高いパンですね。


このイングリッシュマフィンをトースト
するときに、横半分に切ることは、
誰でもやっていると思いますが…

そのときには、パン用包丁ではなく、
手やフォークを使って、わざと
切った表面をでこぼこにするのがオススメ。

こうすることで、切った表面に焦げ目が
つきやすく、より香ばしくなるんです^^


先の2つのパン(ブリオッシュ・ライ麦パン)
と違ってクセが全くなく、どんな食材と
あわせても、goodなため!

自分好みのアレンジを、いろいろとして
楽しめるのも、このイングリッシュマフィンの
いいところですよね^^


上YouTube動画のような感じで、
エッグベネディクトも、
結構カンタンに、作れちゃいます。

既製のイングリッシュマフィンを使う方は、
1分45秒あたりからチェックすれば、
バッチリですよ♪


スポンサードリンク


第4位:もちもち食感が最高!ベーグル


ベーグル


定番のパンの種類(名前)ランキング、
続いて第4位のパンは、ベーグル

一度大流行したあとも、根強いファンが多い、
もっちりとした食感が特徴のパンです^^


ちなみに、このベーグルの、
もっちりとした食感と、
表面の独特なツヤは…

発酵させた生地を、焼く直前に
熱湯にくぐらせることによって、
生まれるそうですよ。


定番中の定番ですが、トーストしていない
ベーグルにクリームチーズとサーモン
サンドして食べると、超絶おいしいですよね!


「毎日、もっちりした食感はちょっと…」


という方も、トーストすれば、
サクサク食感に早変わりするので!

それに、ハムやチーズを挟んで食べれば、
パニーニのように楽しめて、Nice!です^^


第3位:実は種類が豊富!フランスパン


フランスパン


定番のパンの種類(名前)ランキング、
いよいよここからは、ベスト3!

気になる第3位は、表面のカリッ!とした
食感がたまらない、フランスパンです。


知らない人も、多いかと思いますが、
表面の、カリッとした皮の部分は、
「クラスト」

中のふわっふわの部分は「クラム」と、
それぞれ名前がついています^^


ちなみに、さらに覚えておくと便利な、
フランスパンの豆知識が2つあって…

1つ目は、フランスパンを一番美味しく
味わえる、タイミングについて。

これについては、焼き立てをすぐに
頂くよりも、「冷めたて」を食べるのが、
一番ベストだといわれていますね。


こうすることで、フランスパンの持つ、


  • 香り
  • 食感


それぞれが、
最高の状態で引き出されるんですよね!


それから2つ目は、家においておいた
フランスパンを、温めなおす場合

この場合は、軽く霧吹きで水を吹きかけ
フランスパンに水分を補充してから、
トーストするようにしましょう。

これは、フランスパンには、
油脂が含まれておらず、
すごく乾燥しやすいためですね^^


また、一口にフランスパンといっても、
その形や大きさなどによって、


  • バゲット
  • パリジャン
  • バタール
  • フルート
  • フィセル


などなど、さまざまな種類があるので、
気になる方は一度、以下の記事にも
目を通してみてくださいね♪

フランスパンの種類は?
 それぞれの違いをチェック!


スポンサードリンク


第2位:みんな大好き!クロワッサン


クロワッサン


定番のパンの種類(名前)ランキング、
第2位のパンは、クロワッサン


少し遅く起きた日曜に、オープンテラスで、
ミルクたっぷりのカフォオレと、
クロワッサンで優雅に朝ごはん…

なんてシーン、思い浮かべるだけで、
気分がほっこりして、最高ですよね
(未だに実現したことはありません^^;)!


ちなみに、このクロワッサンも、
フランスパン同様


  • 外の皮の部分 … クラスト
  • 中身のほう  … クラム


と名前がついています。


それから、
クロワッサンの本場、フランスでは、


  • バターのとき   … まっすぐ
  • マーガリンのとき … 三日月形


といった感じで、クロワッサンを作るときに
使う材料によって、そのカタチが変わる
らしいですよ!

これも覚えておくと、ちょっと便利な
豆知識かもしれませんね♪


で、クロワッサンは、そのまま食べても、
何かと合わせてもOKと、とにかく
応用範囲が広いのが、うれしいポイント。


個人的な、お気に入りベスト3は、


  • 第1位 … サンドイッチ(生ハム・レタス・チーズ)
  • 第2位 … アイスクリームとブルーベリーソース添え
  • 第3位 … シンプルにカフォオレと


こんな感じですね!


第1位:文句なしの「パンの王様」!食パン


食パン


定番のパンの種類(名前)ランキング、
栄光の第1位は、ずばり食パン

定番過ぎて、ランキングに入れようかどうか
迷うほどでしたが、やっぱり外せない、
定番中の定番のパンですよね!


そのままトーストして、たっぷりの
バターを塗って食べてもいいですし、
サンドイッチにしてもgoodと…

いろいろなアレンジが加えられるのも、
うれしい限りです。


ちなみに、私は名古屋生まれ名古屋育ちで、
基本的に6枚入りの食パンをよく買って
食べているのですが…

関東では、6枚切りや8枚切りといった、
少し薄めの食パンが。

関西では、4枚切りや5枚切りといった、
少し厚めの食パンが人気と、地域によって、
好みにばらつきがあるようですね^^




⇒デパ地下で大人気の焼きたてパンを
 お取り寄せ!アンデルセン通販販売


まとめ&団子の味と種類もチェック!


今回は、パンといえばこれでしょ!という、
定番パンの種類(名前)を、ベスト7の
ランキング形式にして、まとめてきました。


今回のランキングを、もう一度まとめておくと、
こういったカタチになりますね。


  • 第1位:当然の結果でしたね!食パン
  • 第2位:みんなに愛される!クロワッサン
  • 第3位:10種類全部言えますか?フランスパン
  • 第4位:あなたはなにを挟む?ベーグル
  • 第5位:名前もオシャレ!イングリッシュマフィン
  • 第6位:酸味がクセになる!ライ麦パン
  • 第7位:おやつパンとして人気!ブリオッシュ


今回のランキングを見て、


「最近、コレあんまり食べてないな~」


なんて、気づきがあった方も、
きっと多いはず!

この機会に、ぜひいろいろなパンを
食べ比べしてみてください^^

団子の味の種類には何がある?
 おすすめランキング発表!

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ