カラオケ!こぶしの出し方は?コツを押さえてモテ歌完成!


「カラオケでよく出てくる、こぶしって、
 具体的にどうやって、やるのかな?」


なんて疑問を、抱いてませんか??


カラオケ こぶし 出し方


曲の、ここぞという部分に、グッと
さしこむと、すごくカッコよく聞こえる
テクニックの一つが、「こぶし」ですよね!

でも、このこぶし、演歌沖縄民謡のイメージが
強すぎて、具体的にどうやって使いこなすのか、
そのコツを知っている人は少ないのも事実。


そこで今回は、次のカラオケで速攻使える、
こぶしの出し方のとっておきのコツを、
全部で3つ、ご紹介していきます^^

スポンサーリンク



即実践!こぶしをカラオケで上手く出すための3つのコツ!


こぶしの出し方1. まずは、画像でイメージを掴む!


カラオケ こぶし 出し方01


まずは、上の画像を見てください。

カラオケの精密採点DXをやったり、
テレビで見たりしたことがある方なら、
すぐにイメージできると思いますが…

自分の声が、緑色のバー(棒)になって、
画面に表示されていると思ってくださいね^^


で、普通に「あー♪」と歌ったのが、
画像でいうところの、左側

そして、こぶしをきかせて歌ったのが、
画像でいうところの、右側です。


なので、あなたが、歌の中でこぶしを
きかせようと思ったら、精密採点のバーが、
上の画像の左側のように表示されていても…

意識的に、右側の画像のようなカタチに
なるよう、歌声を操作すれば、キレイな
こぶしが出せる、ということになります。


ですので、ちなみにですが、ざっくり
言うと、こぶしを連続で効かせたものが、
ビブラートということになりますね^^

ビブラートの出し方!カラオケで
 簡単にできるのは?動画もチェック!



まずは、コレをイメージして
実際のカラオケで、曲を歌ってみましょう!

で、このイメージだけで、あっさりと
こぶしが出せちゃう人もいれば…

昔の私のように、これだけだと、
イマイチ、どうやればいいか分からない、
という方もいらっしゃると思います。


ということで、おつぎは、
より具体的に、こぶしを出すための
コツ・テクニックについて見ていくと…

スポンサードリンク


こぶしの出し方2. ポイントは「母音を2回」!


カラオケ こぶし 出し方02


例えば、「あなたに会えたなら」という
歌詞の「な」の部分で、こぶしを出したい
として、考えていきましょう!


この場合、普通に歌うと、当然、


「あなたにあえた~な~~ら~~~」


といった感じになりますよね?


コレに、こぶしをきかせようと思ったら、
「な」の音を伸ばす際に、「な」の母音
つまり「あ」を2回、意識的に入れ込みます。


つまり、先ほどの、
「あなたにあえた~な~~ら~~~」が、


「あなたにあえた~な~ああ~ら~~~」


変化するということ。


カラオケの、採点モードの際、
これを意識して、曲を歌ってみると…

初心者の方でも、何回かに一回かは、
狙った部分に、イメージどおりに
「こぶしマーク」が現れるはずです^^


ちなみに、このとき、2つの「あ」は、
1つ目のコツの部分で、お見せした、
画像のように

微妙に高さを変化させて歌うようにすると、
よりカラオケの機械にも、人の耳にも、
こぶしを、認識してもらいやすいです。


で、そうはいっても「高さ」を変化させる
イメージが上手くつかない、というあなたに、
ぜひ試してもらいたい、3つ目のコツが…

スポンサードリンク


こぶしの出し方3. 実際に「こぶし」を握ってみる!


カラオケ こぶし 出し方03


先ほどの、2番目のコツで出てきた、
「高さに変化をつける」という部分が、
イマイチ、ピンとこない場合は…

「高さ」を「強さ」に変えて、
イメージしてみましょう。


つまり、「な~ああ~」と歌うときに、
ワザと最初の「あ」の部分を、一瞬だけ
強くしてみる、ということですね^^

すると、ほとんどの人は声の強さを
変えると、ナチュラルに音程も
揺れますから…

結果として、自然とこぶしが効いてきます^^


で、意識的に声を強めたい部分
(=こぶしを出したい部分)で…

実際に「握りこぶし」をグッ!と
作るようにすると、さらにスムーズに
こぶしが現れてきます。


「こぶし」の語源・由来は、残念ながら
この「握りこぶし」ではなく、木の節
(きのふし→こぶし)だと言われていますが…

握りこぶしを作ることで、お腹にグッ!
力が入り、テクニックとしてのこぶしが、
出てきやすくなりますよ♪



まとめ&しゃくりもマスターしてさらに歌唱力アップ!


今回は、カラオケで、上手くこぶしを
入れるための、出し方のコツ
を、
全部で3つ、ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回ご紹介した
3つのコツを、まとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  1. まずは、画像でイメージを掴む!
  2. ポイントは「母音を2回」!
  3. 実際に「こぶし」を握ってみる!


練習し始めは、それこそJ-POPの曲を
歌っていても、「ド演歌」のように
なってしまうかもしれませんが!


こぶしの出し方に慣れてくると、体や喉が
リラックスした状態で、サラッとさりげなく
こぶしが入れられるようになっていくので…

あなたも、ぜひカラオケで曲を歌う際には、
今回の3つのコツを意識しながら、カッコいい
こぶしを効かせちゃってくださいね^^


しゃくりを入れるコツが気になる
あなたには、以下の記事が。

カラオケのしゃくりとは?
 意味とコツをわかりやすく解説!



シンプルに歌っているときの音程を
安定させたい
と思っているあなたには、
以下の記事がオススメです♪

カラオケでの音程の取り方!
 練習方法は?これで採点も怖くない!

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ