口内炎の食事!痛くないのは?おすすめとNGはこれ!


いつの間にかできていて、
それからは気になってしょうがないのが、口内炎

ひどくなると、食事だけでなく、しゃべるときにも痛みを感じてしまい、
日常生活にも支障をきたす、厄介なやつです。

今回は、口内炎になってしまったときにおすすめの、
食べても、口の中の痛みが少ない食べ物について、まとめました。

スポンサーリンク



口内炎の食事!痛くないのはこれ!


1. 味付けの薄いもの

味付けの濃い食べ物は、口内を刺激し、痛いばかりか、
口内炎の症状をより悪化させてしまうので、NG。

私は名古屋在住なのですが、口内炎になったときに、
濃い赤だしの味噌汁は、ちょっとキツいですね^^;

口の中が気になるときは、なるべく味付けの薄い食べ物をとって、
炎症部位への刺激を、おさえるようにしましょう。

具体的には、


  • 白身魚のお寿司
  • 豆腐


あたりが、特におすすめ

両方とも、醤油をつけて食べるのが一般的ですが、


「醤油すらも、口の中を刺激するようで気になる…」


というときは、すこし邪道ですが、お寿司だったら、
マヨネーズをつけて食べると、経験上、痛みが和らぎます。

豆腐に関しては、何もつけずにそのまま食べると、いつもは気づかない、
大豆本来の甘みを感じることができて、いいですよ^^


スポンサードリンク



2. 柔らかい食べ物

続いておすすめするのが、柔らかい食べ物

例えば、


  • 野菜の煮物
  • 鶏肉の煮込み
  • 肉団子煮


あたりは、味付けの調節もしやすく、goodです。

特に、


  • 人参(にんじん)
  • 大根
  • かぼちゃ


これらの煮物は、野菜それ自体の甘みが強いので、
食べやすいですよ^^

逆に野菜の煮物でも、ごぼうなどの根菜は、
なかなか煮ても固さが抜けないので、避けたほうが賢明。

もちろん、これに限らず固い食べ物全般は、噛んでいるときに
誤って、炎症部分に食べ物があたってしまう可能性も高くなり、NGです。


口内炎が痛む人 イラスト

3. とろみを感じるもの

今ご紹介した、柔らかい食べ物とよく似ていますが、
食べていてとろみを感じるものも、口に優しくおすすめです。


  • おかゆ
  • ひきわり納豆
  • バナナ


は、口の中が気になるとき、個人的にも割とヘビロテで、
食事に取り入れる機会が多い、食べ物たちです。

ひきわり納豆は、生卵と一緒に混ぜて食べると、
口当たりがよりマイルドになって、good。

口内炎の症状がひどい方は、これらの食べ物をさらに、
細かく刻んで食べると、口の中への刺激を最小限にできますよ。

バナナを細かく刻んで、ヨーグルトの中に入れる、
なんてメニューは、朝食に取り入れやすく、重宝してます^^


バナナ イラスト

こちらはNG!口内炎のとき、避けるべき食べ物は?


前章でも、ちらっと触れましたが、


  • 味付けの濃いもの
  • 固いもの


は、口の中への刺激が大きくなるので、NG

他にも、辛いもの酸味の強いものも、
口内炎のときには、グッと我慢した方がよいでしょう。


  • 辛口カレー
  • 柑橘類(レモンやグレープフルーツなど)
  • 酢の物


などが、こちらに該当しますね。

あとは、熱いものはなるべく、人肌程度に冷ましてから食べると、
炎症部分への刺激を、最小限に抑えることができます。


ラーメンを冷ます女性 イラスト

まとめ


いかがでしたでしょうか。

あらためてまとめると


  • 味付けの薄いもの
  • 柔らかい食べ物
  • とろみを感じるもの
  • 細かく刻んだもの
  • 人肌程度の、温かさのもの


こういったものが、口内炎のときにおすすめの、
口の中が痛みにくい食べ物だといえます。

ちなみに、口内炎にはビタミンB2やビタミンB6などの、
ビタミンB群が不足すると、なりやすくなると言われているので、


  • カツオ
  • マグロ
  • サバ
  • レバー


などの、ビタミンB群を豊富に含む食べ物を、今回の記事でご紹介したものと
あわせて摂取して、口内炎からの早期回復を目指しましょう^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ