銀杏が臭い!理由は?成分の真犯人はコイツらだった!


「銀杏って、なんであんなに臭いの?」

って、街中を歩きながら、
疑問に感じたこと、ありませんか??


銀杏 臭い 理由


秋の季節になると、街の至るところに
鮮やかに色づいた、イチョウ(いちょう)
木を見ることができて、いい気分になる…

と思いきや、近づくとそこで感じるのは、
他に例えようのない、銀杏(ぎんなん・
ギンナン)
の、あの独特の臭いですよね^^;


そこで今回は、銀杏が臭い理由と、
その臭いの原因になっている成分について
まとめました^^

銀杏が臭い理由だけでも、知っておけば、
今後、イチョウ並木の道を歩くときの
イヤな気分が半減するかもしれませんからね!

スポンサーリンク



知って納得!銀杏が臭い理由はコレだった!


銀杏 臭い 理由01


ということで、さっそくですが、
ズバッ!と結論から言うと、
銀杏が臭い(クサい)、その理由は…

ネズミや、サルなどの哺乳類に、
食べられないようにするため。


当然、イチョウ(銀杏)も、
子孫を残そうと頑張っているわけで…

あえて、あのように哺乳類が嫌う
臭いを出して、実(身)を守っている
いうわけですね^^


これは、花がミツバチに寄ってきて
もらうために、イイ香りを出すのと、
本質的には同じですが…

やることは、まったく逆(イイ香りと
クサい臭い)で、ちょっと面白いです♪


ちなみに、イチョウの木にも雄(オス)と
雌(メス)の区別があり、銀杏の実がなるのは、
雌(メス)の木だけ


コレを聞くと、だったら、
臭いニオイを、街からなくすために、
街路樹として植えるイチョウの木は…

すべて、雄(オス)の木
してしまえばいいじゃないか、
と思うのは、私だけでしょうか。。


(実際、大阪市では昭和の終わりから、
 イチョウを植え替える際、雄木を
 植えるようにしているようです)

スポンサードリンク


銀杏のニオイの元になっている成分(真犯人)はコイツだ!


銀杏 臭い 理由02


で、銀杏の臭いニオイの元になっている
のは、酪酸とペプタン酸という2つの成分。


この2つの成分が犯人となり、異臭を
漂わせることで、先ほど言ったような、
サルや、ネズミなどの外敵(哺乳類)から…

子孫を残すための、大切な実(銀杏)を
守っている、ということですね^^


ちなみに「酪酸」という名前の由来は、
その漢字の通り、バターやチーズなどの
酪産物に、この酪酸が多く含まれていたから。

これは、居酒屋などで飲んでいるとき、
銀杏の臭いの話題になったときに使える(?)、
ちょっとした、豆知識です♪


さらに、トリビアをもう1つご紹介
しておくと、この銀杏が臭い理由になっている、
もう1つの成分・ペプタン酸は…

私たち人間の、足のニオイの原因にも
なっていると、いわれているんですよ。


こんなことを聞くと、今度、街中で
銀杏のクサい臭いがしたときは、足が臭う
アノ人の顔が、頭に浮かんじゃうかも!?

スポンサードリンク


まとめ&銀杏を食べると中毒症状が!?


今回は、銀杏が臭い理由と、
そのニオイの元になっている成分に
ついて、ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の記事の内容を、
ギュッ!と、凝縮してまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  • 銀杏が臭い理由は、哺乳類に実を
    食べられてしまうのを、防ぐため!

  • 銀杏の、臭いの元になっている成分は、
    酪酸とペプタン酸の2つ!

  • 酪酸は、チーズやバターなどの酪産物
    多く含まれているのが、名前の由来!

  • ペプタン酸は、私たち人間の
    足の臭いの原因にもなっている!


ただし、ニオイは臭くても、食べると
とっても美味しいのが、銀杏の魅力!

ということで、銀杏に含まれる栄養と
その効能
についても、この機会に頭に
入れておきたいという方は、以下の記事を。

銀杏の栄養と効能は?
 コレを知って食べればありがたみ倍増!



さらに、銀杏を食べ過ぎちゃうと
中毒症状が出て危険、なんてウワサを聞いて、
ちょっと不安になっている、あなたには…

どれくらいの数銀杏を食べると危険
なのか
という、具体的な個数も示した、
以下の記事も、あわせてどうぞ♪

銀杏の食べ過ぎによる症状は?
 どのくらい食べたらアウト?

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ