ニラの栄養と効果は?妊婦さんにうれしいのはこれ!


春になると、ひときわ柔らかくて、上質なものが出回るニラ(にら・韮)

ニラの特徴といえば、なんといってもあの独特の香りですが…

あの香りの元の成分が、私たちにとって、
すごくうれしい働きをしてくれていること、ご存知でしたか?

さらに、ニラは妊婦さんにとっても、
本当に大切な栄養成分を含んでいる、ありがたい野菜でもあるんです。

今回は、そんなニラに含まれる、栄養とその効果についてまとめました。

スポンサーリンク



ニラの栄養と効果はこれ!


ということで、今回ご紹介する、ニラの健康効果を語る上で欠かせない、
重要な栄養成分は、以下の2つ。


  • アリシン
  • 葉酸


1つずつ、順番に見ていきましょう。


1. アリシン

ニラの香り成分アリシンには、疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を高め、
さらにその効果を維持してくれる、はたらきがあります。

ニラ自体にも、ビタミンB1は一定量含まれているのですが、
他の食品で、ビタミンB1を多く含んでいるのは、


  • 豚肉
  • うなぎ
  • レバー


など。

こう見てみると、餃子レバニラ炒めは栄養的に見て、
とっても効率的で、素晴らしい料理になっているといえますね^^


また、ニラにはカラダを温めてくれる効果もあるといわれているので…

もつ鍋や、ありはシンプルに豚肉を入れた鍋の具材として使用すれば、
冷え性に悩む女性の、強い味方になってくれそうです。

もつ鍋には、みなさんご存知のとおり、美肌成分のコラーゲン
豊富に含まれているので、まさに女性にドンピシャの一品ですね!


スポンサードリンク



ちなみにこのアリシン、水や空気に溶け出しやすい性質を持つので、


  • 洗う
  • 切る
  • 加熱する


といった作業は、なるべく手早く行なうようにしてください。

鍋の具材として使用するときは特に、あらかじめ切っておいたりせずに、
入れる直前に切るようにするとよいですよ^^


ニラ


2. 葉酸

もう1つ、ニラには、特に妊娠初期に不足すると、
胎児の発育に影響があるといわれる、葉酸が多く含まれています。

普通の食生活を送っていれば、通常は不足しにくい栄養素なのですが…

妊娠中は欠乏しやすいといわれているので、
妊婦さんは、積極的にニラを、毎日の食事に取り入れた方がよいですね。


妊婦さん イラスト


ニラにはこのほかにも、強力な抗酸化作用が期待できる、
β-カロテンやビタミンCといった、ビタミン類がバランスよく含まれており…

さらにはカルシウムも、あのほうれん草にひけをとらないくらい、
入っているので、野菜の中の栄養優等生。


「においがちょっと気になるのよね…」


という方も、こういった栄養・効果を理解すれば、次からは、
あの香りを逆に、いとおしく感じてしまうかも!?


ちなみに、先ほど栄養を損なわないように、
ニラは、使う直前に切ることをおすすめしましたが…

切ってから時間が経つと、酵素の作用で、ニラ独特の香りも
キツくなってしまうので、こちらも頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

こうやって見てくると、ニラは特に、
女性たちの強い味方になってくれる野菜だといえそうですね。


あっ!そうそう、食後の口臭が気になる方は、ブレスケアを飲むのもいいですが、
デザートにリンゴをかじるのも、おすすめですよ。

リンゴに含まれるポリフェノールが、今回ご紹介した、ニラの香り成分、
アリシンと反応して、お口のイヤなニオイを防いでくれます^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ