寝つきが悪い!改善する方法は?おすすめはコレ!


「最近、寝つきが悪いんだけど、
 すんなりと眠れる方法って、ないかな?」


って、悩んでませんか?

スポンサーリンク



ベッドに入ってから、実際に眠るまでに時間が空いてしまうと、
なんだかその分だけ、時間を損した気分になっちゃうんですよね。

で、昔はその損した気分を感じないように、ベッドに入ったまま、
TVを見たり、スマホをいじったりしていたんですが、当然これは逆効果!

頭も冴えているんだか、ボーッとしているんだか、よく分からない状態で、
液晶画面を眺めていたら、いつのまにか夜が明けてきた…

なんて日も、正直な話、少なくなかったわけです。


でも、


「さすがに、このままじゃダメだ!」


と、気持ちを入れ替え、睡眠関係の書籍などを読みあさり、
自分に取り入れらそうなものを、一つずつ試していった結果!

今では、よほどのことがない限り、ベッドに入ったら、
自然と眠りに落ちるという、理想のパターンを手に入れることができました。

スポンサードリンク


そこで今回は、私が実際に試して効果のあった方法を、あなたにもシェア!

寝つきの悪さを改善する具体的な方法を、私の実践記も交えつつまとめましたよ。


なお、症状がひどい場合は、迷わずにお医者さんを受診してくださいね。

お医者さんに今の悩んでいる状況を話すだけで、フッと肩の力が抜けて、
いつのまにか、スムーズに眠れるようになることも多いものです。

寝つきが悪い!おすすめの改善方法はこの3つ!


ということで、今回ご紹介する、
寝つきの悪さを改善するための、おすすめの方法は以下の3つ


  1. 起きている時間を、16時間にしてみる
  2. 夕方に、筋トレをする
  3. 寝る2時間前から、液晶の光をシャットアウトする


1つずつ、順番に見ていきましょう。


1. 起きている時間を、16時間にしてみる

通常、私たちに本来備わってい、生体リズムは、
朝起きたときから、そのリズムを刻み始めます。

で、このリズムにのっとった生活をしていると、私たちは普通、
起きてから16時間後に、自然な眠気に襲われると言われているんですね。

なので私は、起きてから16時間後に眠るイメージで、
1日の計画を立てれば、すんなりと寝つけるのではと考えたわけです。

結果、この作戦は大成功

余分な考えごとや、ネットサーフィンなどのムダな時間を削ることにより、
今では基本、7時起床の23時就寝という生活リズムを保っています。

ちなみに一度、パターンを確立してしまえば、たまに徹夜をすることがあっても、
案外、その日以外の睡眠時間はそのままでも、すんなりと対処できますよ^^


目覚まし時計 イラスト


2. 夕方に筋トレをする

寝つきを良くするためには、私たちの内臓の温度である、
深部体温を、眠りたいときにしっかりと下げる必要があります。

ただ、この深部体温は、


「今、眠りたいな。エイッ!」


といって、簡単に下げられるものではなく、
普段の生活リズムの中で、上手くコントロールしていくものなんですね。

そして、私たち人間の深部体温が最も高くなるのは、起きてから11時間後

この時間に合わせて体を動かし、深部体温を意識的に上げてあげると、
その後、夜にかけて、深部体温はグッと下がっていき…

眠るべき時間に、自然と眠気が襲ってくる( = 寝つきがよくなる)
ようになります。

私たちが意識的に、普段の行動にメリハリをつけることで、
本来備わっている生体リズムが、しっかりと呼び起こされるというわけですね^^


で、私の場合は、基本7時起床なので、その11時間後の夕方6時(18時)に、
筋トレをして、深部体温を上げるようにしているわけです。


「その時間は、まだ会社でバリバリ仕事中だよ!」


という方は、椅子に座ったまま5分間


  • 足の裏全体を、しっかりと地面につけ
  • お尻の穴をギュッ!と締め
  • 背筋(せすじ)をシャキッ!と伸ばす


これらのことをするだけでも、効果があるそうなので、
ぜひ試してみてくださいね^^


椅子に座るビジネスウーマン


3. 寝る2時間前からは、液晶の光をシャットアウトする

最後にご紹介するのは、寝る2時間前からは、テレビやパソコン、
そしてスマホといった、液晶画面の光をシャットアウトすること。

ああいった強い光を、寝る直前に浴びると、私たちの眠りを充実させてくれる、
メラトニンというホルモンの分泌量が減り、寝つきが悪くなってしまうのです。

ちなみに、このメラトニンは、科学的には寝つきというよりは、
眠りの中盤(入眠から3時間後ほど)に、主に影響を与えると言われていますが…

私の経験上、やっぱり液晶の光をシャットアウトすることは、寝つきにも
よい影響をもたらしてくれたので、あえてこちらでご紹介しています^^


とはいえ、今まで寝る直前までスマホやパソコンを見ていたという人が、
いきなり2時間前から、完全にそれらをシャットアウトするのは難しいでしょうから…

まずは、寝る1時間前からはなるべくそれらを見ないようにするなど、
自分でできそうな範囲ではじめるのが、おすすめです。


そうそう、PCメガネをかける習慣をつけておくのも、なかなか効果的ですよ。

液晶画面に限らず、例えば、夜コンビニに出かける用事ができたときにも、
PCメガネをつけていけば…

あのコンビニの強烈な光から、あなたの目や脳を守ることができますしね^^


ちなみに、私が寝つきの悪さを改善するにあたって、
一番参考になったと感じているのが、こちらの書籍



今回、ご紹介している内容も、多くはこちらの書籍を参考にさせて頂いています。

今回の3つの方法以外にも、たくさんの情報がのっているので、
あなたに合った寝つき改善の方法が、見つかるかもしれませんね^^

まとめ


いかがでしたでしょうか。

こんな感じで、寝つきが悪いのを改善する、
具体的な3つの方法について、ご紹介してきました。

早速試したくなるようなものは、見つかりましたか?


他に、私がやっている基本的なことといえば、


  • 朝の早い時間に、日の光を浴びる
  • 昼寝ができない分、こまめに目を閉じる
  • 夕食後には、カフェインの入ったものを飲まないようにする


これくらいですかね。

これらについても、また何かと絡めてお話しできる機会があれば、
ご紹介したいと思います。


今まで悪かった寝つきがよくなると、
自然と、普段の生活のいろいろな場面がよい方向に転がっていくもの。

あなたも、今回の記事を参考に、自分にマッチした、
寝つきがよくなる方法が見つかるよう、いろいろ試してみてくださいね^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ