お中元の挨拶状の書き方は?上司への例文はコレ!


「会社の上司に、お中元を贈るんだけど、
 挨拶状って、どうやって書けばいいのかな?


って、悩んでませんか?

スポンサーリンク



お中元の品物とは別に


  • いつもお世話になっていることへの、感謝の言葉
  • お中元を贈った旨と、その品物について


の2点を書き添えて送るのが、挨拶状(送り状)

今回は、そんなお中元の挨拶状の書き方について、
会社の上司に送る場合の例文もご紹介しながら、まとめました。

スポンサードリンク


お中元の挨拶状の書き方は?基本はコレ!


先ほど、挨拶状には、


  • いつもお世話になっていることへの、感謝の言葉
  • お中元を贈った旨と、その品物について


この2点を書いて送ると説明しましたが、
もう少しくわしく、実際の流れに沿うと、



  1. 前文(頭語+季節の挨拶)
  2. 感謝の言葉
  3. お中元を贈った旨(+品物)
  4. 末文(結びの言葉+結語)


この4つを順番に書いていくことで、キレイな挨拶状(送り状)が完成します。

1つずつ、順番に見ていきますよ。


1. 前文(頭語+季節の挨拶)

まずは、頭語と季節の挨拶から。

今回は、会社の上司に向けての挨拶状ということで、頭語「拝啓」から始まり、
そのあとに、お中元を贈る時期にマッチした、季節の挨拶を書いていきます。


こちらに、具体的な例をいくつか挙げておきますので、
ぜひ、参考にしてくださいね。


【季節の挨拶の例】

  • 梅雨が長引きますが、いかがお過ごしでしょうか。

  • 夏の太陽がまぶしい今日この頃、○○様におかれましては、
    お元気でお過ごしのことと存じ上げます。

  • 盛夏の候、○○様おかれましては、
    ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。


2. 感謝の言葉

続いて、日ごろからお世話になっていることに対しての、
感謝の気持ちを、具体的な言葉にして伝えます。


例えば、


  • 平素は、大変お世話になっております。
    改めて、厚く御礼申し上げます。

  • 日ごろは、大変お世話になり、心から感謝申し上げます。

  • 平素は、ひとかたならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。


こういった感じですね。


そうめん


3. お中元を贈った旨(+品物)

そして、お中元を贈った旨を伝えます。

このときに、贈った品物についても記載しておくと、下手をすると、
味気ないものになってしまう挨拶状に、ググッ!と立体感が出るのでオススメです。


具体的には、


  • 本日、△△百貨店から老舗●●の、水ようかんを贈らせていただきました。
    お気に召しましたら幸いです。

  • 先日、□□デパートより、冷やして食べられるお素麺を別送いたしましたので、
    お納めいただけましたら幸いです。

  • 本日、ささやかなお中元の品を、遅らせていただきましたので、
    ご笑納いただければ幸いに存じます。


こういったカタチになりますね。


4. 末文(結びの言葉+結語)

最後に、結びの言葉と結語を添えれば、
基本を押さえた、キレイな挨拶状の完成です。

今回は、頭語に「拝啓」を使用していると思いますので、
結語には、「敬具」をペア(セット)で使いましょう。


こちらも、いくつか例を挙げておきます。


  • 暑さも、これから厳しくなって参りますので、
    ご自愛のほど、お祈り申し上げます。

  • 時節柄、いっそうのご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。

  • 向暑の折柄、どうぞご自愛ください。


お中元の挨拶状!上司への例文をチェック!


ということで、前章をふまえたうえで、お中元の挨拶状(送り状)を、
会社の上司に送る場合の例文は、以下のようになります。


お中元の挨拶状の文例(上司あて、ハガキ)


本来、葉書(はがき)はメモ書きの意味を持つため、目上の人に送るのは、
失礼だといわれていますが、現在ではそこまで気にする必要はありません。

ただ、ハガキで挨拶状を送る場合は、上の例のように、
「はがきにて失礼します」といった一文を入れておくと、丁寧でよいですね。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は、お中元の挨拶状の書き方について、
会社の上司へ送る場合の例文を紹介しながら、まとめてきました。

あなたの不安は、スッキリ!と解消されましたか?


今回ご紹介した構成を頭に入れたうえで、文章を書けば、
基本的なマナーを押さえた、美しい挨拶状が完成すること間違いなし!

お中元を贈る際は、挨拶状の手配もしっかりと行ない、
お世話になった方に、気持ちよくお中元の品を受け取ってもらいたいものですね^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ