皮膚のかゆみ 体編!対処法は?家庭でできるのはコレ!


ふとしたときに、
皮膚が、ムズムズとかゆくなってくる…

で、気づくと、いつのまにか、
虫に刺されたような跡ができたり、下手をすると、
かくのに夢中になりすぎて、出血してしまうことも…


「もう!どうしたらいいの!?」

スポンサーリンク



なんて、悩んでませんか??

今回ご紹介するのは、家庭で手軽にできる、
体の皮膚のかゆみへの、対処法。

というのも、私自身、夏は汗で、そして冬は乾燥でと、
一年中、体中の皮膚のかゆみに悩まされていたんですよね。

もともと、アトピー性皮膚炎の持ち主でもある私は、
それはもう、ヒドいときには、体のいたるところに
かゆみが出て、仕事や勉強など手につかないほどでした。


しかし、このままではイカン!と、
毎日の生活習慣を見直して、少しずつ、
今回ご紹介するような方法を、実践していった結果!

100%!とまでは、いきませんが、
今では、かなり皮膚のかゆみが落ち着いて


「あれ?最近カラダをかきむしってないよね?」


と、自分でも気づかないうちに、
症状が、改善されていたんですよね^^


そこで今回は、
そんな私がとった対処法を、あなたにもシェア!

家庭で簡単にできる、体の皮膚のかゆみへの対処法について、
わかりやすい解説を加えながら、ご紹介していきます。


笑顔の女性


で、その対処法をお教えする前に、
皮膚のかゆみという、大敵からあなたの身を守るため、
頭に入れておいて欲しいことが、3つあるんですよね。

なので、まずはその3つを、
ダダダッ!とご紹介していきますので、
一緒に見ていくことにしましょう^^

体の皮膚のかゆみ!対処法を知る前におさえておきたい3つのこと


1. まずは皮膚科を受診する!

笑顔の看護師さん

これから、家庭でできる、
皮膚のかゆみへの対処法について、
いろいろと、ご紹介していくわけですが…

すべてを、自分で解決しようとせずに、
皮膚のかゆみが気になるなら、
まずは、皮膚科を受診しましょう。

実際、私も、家庭でできる対処法を実践しつつ、
定期的に皮膚科に通って、塗り薬をもらい、
毎日のように、使っていますからね。


自分で、


「このかゆみは、何が原因で起こっているんだろう…」


と一人クヨクヨ悩むより、お医者さんに
相談した方が、気分もスッキリして、
余計なストレスを、溜め込まずに済みますよ^^


2. かゆみが出る前に対処する!

手を前に出す女性

これから、ご紹介していく対処法は、
基本的に、かゆみが出てからのものではなく、
かゆみが、出ないようにするためのもの。

かゆみが出てからの対処法を、いくら並べ立てても、
根本的な解決には、なっていませんからね。

今回の記事で、ご紹介している対処法を、
少しずつ、あなたの生活の中に取り入れていき、
私のように、


「あれ?いつのまにか、かゆみを感じる回数が減ってる?」


と、ふとした瞬間に気づくのが理想です^^


3. 全部を一気にやろうとしない!

リラックスする女性

今回の記事では、少しでもあなたのお役に立てるよう、
私が実践している対処法を、できるだけたくさん
ご紹介していますが…

これらすべてを、一気にやろうとしても、
それを習慣化するのは、なかなか難しいです。

実際に、私もこれらの対処法を、
すこ~しずつ生活の一部に、取り入れていくことで、
無理なく、習慣化することができました。

いきなり、カンペキを目指すのではなく、
あなたのペースに合わせて、
対処法を取り入れていくことが、大切ですよ^^


この3つ、バッチリ頭に入れましたか??


ということで、お待たせしました!

お次はいよいよ、
私が、体のかゆみを改善するために、
実際に行なっている、対処法のご紹介に移ります^^

皮膚のかゆみ 体編!家庭でできる対処法はコレ!


さて、ここからは、体の皮膚のかゆみに対する、
実際の対処法について、見ていきましょう。


今回ご紹介するのは、全部で9つ


先ほども言ったように、これらを一気にやろうと
するのではなく、ムリのないペースで少しずつ
あなたの生活の中に、取り入れていってくださいね。

まあ、正直なところ、9つのうちのいくつかは、
すでに習慣化してるよ!っていう方も、
きっと、多いと思いますが^^;


で、それぞれの対処法には、


  • お手軽度(星が多いほど、気軽に実行できる)
  • 効果実感度(星が多いほど、私が効果を実感できた)
  • コスト(星が多いほど、お金をかけずにできる)
(★5つが最高の、5段階評価)



この3つの指標を、記載しておきましたので、
どれから実行しようか迷った際の、
判断材料にでもしてもらえれば、うれしいです^^


それではさっそく、
1つ目の対処法から見ていきましょう!


1. 体をしっかりと洗う

お手軽度 :★★★★☆
効果実感度:★★★★★
コスト  :★★★★☆

バスルーム

まずは、これが基本中の基本!

お風呂に入ったときは、ボディソープを使って、
全身をしっかりと洗いましょう。

かといって、ゴシゴシとこすりすぎると、
皮膚に、刺激を与えてしまうことになるので、
注意が必要です。


で、私がオススメするのは、
体を石鹸で洗う際、タオルやスポンジは使わずに、
自分の手で、洗うようにすることですね!

手のひらで、体をなでるようにして洗うことで、
お肌に余計なストレスを与えないのは、もちろんのこと…

タオルやスポンジが、知らないあいだに汚れていて、
その汚れが、皮膚に悪影響を及ぼしていた、
なんて事態も避けることができて、一石二鳥です。


他にも、手で全身を洗うようにすると、


「あれっ?脇腹部分にちょっと余計なお肉がのってる^^;
 食生活に、気を配らないと…」



などと、自分自身の体の変化に、
いち早く、気づけるようになるので、
いいことづくめですよ♪


2. バスタオルをこまめに洗う

お手軽度 :★★★★☆
効果実感度:★★★★☆
コスト  :★★★★☆

バラの花とバスタオル

バスタオル、こまめに洗ってますか?

バスタオルを、洗わずにずっと使っていると、
カビが生えやすくなり、気づいたらタオルに、
黒い点々のようなものが…、なんて事態になることも。

そんなタオルで、お風呂上りの体を拭いていたら、
いいことなんて、あるわけないですよね。


バスタオルはこまめに洗い、しっかりと乾かす。

この基本を、忘れないようにしましょう。


なお、一人暮らしだと、


「ボク、バスタオルが1枚しかないから、
 洗濯を、なかなかしないんですよね…」



という方も、
少なからず、いらっしゃるかと思います。


そういう場合でも、ハンドタオルを2枚使って、
1枚は髪の毛、もう1枚で体を拭くようにしている、
なんて家庭も、実は結構あったりするので…

1日目はバスタオル、2日目はハンドタオル×2枚、
といった感じで、ローテーションさせていくのも、
一つの手ですね^^


3. お風呂上りに全身化粧水!

お手軽度 :★★★★☆
効果実感度:★★★★☆
コスト  :★★★☆☆

化粧水をつける女性

これも、女性の方ならやっている方も多いはず!

お風呂上りには、全身化粧水を体全体に、
たっぷりと塗りたくって、
皮膚が乾燥してしまうのを、全力で防ぎましょう!


お風呂から上がったときって、
全身の血行が、よくなっている分、
体がかゆくなってしまうことも、多いんですが…

そのタイミングで、全身化粧水を塗るという
作業をすることで、体のかゆみを知らないうちに
忘れていた、なんていうタナボタ効果も期待できます^^


ちなみに、私が普段から愛用していて、
効果を実感しているのは、


「天使の美肌水 しっとりタイプ」


という、全身化粧水。


通販でまとめ買いすると、かなり安く買えるし、
スプレーノズルも、おまけしてくれることがあるので、
ハッキリ言って、超お得ですよ♪

スポンサードリンク



4. 部屋の換気をする

お手軽度 :★★★★★
効果実感度:★★★☆☆
コスト  :★★★★★

ヨガをする女性

「部屋の換気と皮膚のかゆみは無関係じゃ!?」


と思う方も、いらっしゃるかもしれませんが、
現代社会は、エアコンなどが普及して、
部屋の中が、乾燥状態になっていることも多いもの。

そんなときに、部屋の換気をして、
外気を取り込んであげれば、
室内を、適正な湿度に保ちやすくなります。


もちろん、キレイな空気を常日ごろから吸うことは、
お肌に限らず、健康への第一歩!

朝起きたら、まずは部屋の換気をして、
新鮮な空気を、胸いっぱいに吸い込みましょう^^


5. 掃除機をこまめにかける

お手軽度 :★★★☆☆
効果実感度:★★★★☆
コスト  :★★★★☆

掃除機をかける主婦

リビングに引いてあるカーペットには、
ダニの死骸やフンなど、皮膚にとって、
大敵となるものが、いっぱい。

平日、仕事や授業で忙しいと、なかなか
掃除機をかけられず、週末まで持ち越し
なんて方も、少なくないと思いますが…

できれば、掃除機はこまめにかけるように
したいものですね。


私も、週に2,3回しかかけられなかった
掃除機を、できるだけ毎日かけるようにした結果…

特に、腕・ヒザ・スネのかゆみが、前よりも
収まったという実感があるので、これもシンプルですが、
ぜひ実行に移してほしい、対処法ですね^^


6. 布団乾燥機をかける

お手軽度 :★★★☆☆
効果実感度:★★★★☆
コスト  :★★★☆☆

布団で眠る外国人女性

カーペットと同様に、ダニ対策が必要なのが布団

ただ、外に干すのは大変だし、
干したとしても、かえって花粉などの
余計なものが、布団についてしまいそう!

そんなときに、活躍するのが、
布団乾燥機です。


最近の布団乾燥機は、比較的安価なものでも、
しっかりと、ダニ対策や除菌ができるものが多く、
かなり、信頼性は高いですよ。

なにより、ダニがうようよと生活している
布団の中で寝ていたら、
そりゃあ、皮膚もかゆくなるわって話ですよね!


これも、私が皮膚のかゆみに悩まされていたときは、
週に1回、布団乾燥機を使えれば御の字、
ぐらいの、生活習慣だったのですが…

できるだけ毎日、つかうようにしたら、
特に首まわりや、足の甲のかゆみが収まったのを
実感できたので、オススメの方法です♪


で、楽天市場に、かなりお得な値段で、
ダニ&除菌対策ができる、布団乾燥機を見つけたので、
こちらで、ご紹介しておきますね。


私の家の、布団乾燥機は、
もう、5年以上も稼動してくれていますが、
まだまだ現役

一度買えば、長きに渡って活躍してくれるので、
コストパフォーマンスも、なんだかんだいって抜群!

持っていない方は、検討の余地アリですね^^


7. レイコップを使う

お手軽度 :★★★☆☆
効果実感度:★★★★☆
コスト  :★★☆☆☆

レイコップを箱から取り出したところ

布団乾燥機をかけるようになって、
皮膚のかゆみの改善が、実感できたのは、
前述したとおりなのですが…

そのときに思ったのが、


「布団乾燥機で、ダニをやっつけたとしても、
 その死骸が布団に残ってたら、あんま意味なくね?」



ということ。

で、そのときに、奇跡的にも楽天ポイントが
貯まっていたこともあり、モノは試しだ!と
購入したのが、布団クリーナー・レイコップ


実際に、レイコップを使ってみたときのレビュー
ついては、以下の記事でくわしく書いていますので、
ここでは、割愛しますが…

⇒ 【関連記事はこちら】
  「レイコップの評価は?悪いところは?実際に使ってみました!」



使ってみると、小さな白い粉が、
みるみると、フィルターの中に溜まっていって、
ダニの死骸などを吸い込めているのを、実感!


手足のかゆみが、かなり改善されたのは、


  • 掃除機
  • 布団乾燥機
  • レイコップ

この、3つの組み合わせが、
すばらしく効果的だったんじゃないかと、
個人的には、ふんでます。


で、家事の流れとしては、


  1. 窓を開けて、換気をする
  2. 布団乾燥機をスタートさせる
  3. そのあいだに、掃除機をかける
  4. 乾燥機が終わったら、レイコップをかける
  5. 窓を閉めて、すべてが完了!


この流れに沿ってやると、経験上、
かなり、効率よく行なうことができるので、
ぜひ、参考にしてくださいね^^


8. 甘いモノを控える

お手軽度 :★★☆☆☆
効果実感度:★★★★★
コスト  :★★★★☆

モンブランとイチゴのショートケーキ

アレルギー体質・アトピー持ち・乾燥肌の
人たちが、甘いモノを食べると、
皮膚がかゆくなると、よく言われているんですよね。

で、私自身も、
一時期、皮膚のかゆみがヒドすぎて


「これはなんとかしないと、本当にヤバイ!」


って、なったときに、
大好きだった、甘いモノを控えることで、
症状がだいぶ和らいだという、経験があります。


それまでは、


  • 朝食に、プッチンプリン&缶コーヒー
  • 仕事の合間に、CCレモン&マカデミアチョコレート
  • 夜食に、コカコーラ&アルフォート


なんていう、今の自分から見たら、
そりゃあ、皮膚もかゆくなるわ!っていうかむしろ、
体に悪すぎるわ!という、食生活を送っていたのですが…


甘いモノを控えることによる、
効果を実感してからは、


  • 飲み物は、お茶か水(最近は、太陽のマテ茶がお気に入り)に変える
  • 朝食のプッチンプリンは、フルーツヨーグルトに変更
  • 仕事の合間に何か食べたくなったら、カロリーメイトや、
    毎日果実・小麦胚芽のビスケットなどをつまむ


こんな感じで、少しずつですが、
食生活(特に間食)を、改善していきましたよ。


もちろん、


「甘いモノは、絶対にダメ!」


と、自分を追い込みすぎては、
どんどん、ストレスが溜まってしまい、
いつか反動で、ドカ食いしてしまうのがオチなので…


(私は、何度も経験済みです^^;)


実行するときは、無理のない範囲で、
少しずつ、甘いモノを食べる量を減らしていく
というイメージで、進めてくださいね。


9. 気にしない!

お手軽度 :★★★★★
効果実感度:★★★★☆
コスト  :★★★★★

お腹を抱えて笑う老人

最後にご紹介する対処法は、
ズバリ、「気にしない!」

というのも、かゆみに悩まされる毎日が続くと、
ふとした瞬間に、いつもかゆくなる部分を意識してしまって、
結果、そこが本当にかゆくなる!

なんていう、悪循環に陥っちゃうことが、
結構、あったんですよね。


なので、今回あげてきた対処法を、
取り入れ始めたら、あとは、
多少皮膚がかゆいかな、と感じても


「いや!気のせい、気のせい♪」


くらいの心持ちで、
かゆみを、気にせずに過ごしたほうが、
きっと、あなたのためになると思います^^

まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は、体の皮膚のかゆみに対する対処法として、
家庭で気軽にできる方法を、全部で9つご紹介してきました。


最後にもう一度、まとめると、
まずは、大前提として、


  1. まずは、皮膚科を受診する!
  2. かゆみが出る前に対処する!
  3. 全部を、一気にやろうとしない!


この3つを、頭に入れたうえで、


  1. 体をしっかりと洗う
  2. バスタオルをこまめに洗う
  3. お風呂上りに全身化粧水!
  4. 部屋の換気をする
  5. 掃除機をこまめにかける
  6. 布団乾燥機をかける
  7. レイコップを使う
  8. 甘いモノを控える
  9. 気にしない!


この9つの対処法を、できることから、
少しずつ、生活習慣に取り入れる!

といった感じで、実行していくのがオススメ


体の皮膚のかゆみが、少し減るだけで、
仕事などに集中できる時間は、それはもう、
後から振り返ると、ビックリするくらいにグンと増えます♪


今回の記事が、少しでも、
皮膚のかゆみで悩むあなたの、助けになれば、
こんなにうれしいことはありません^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ