熱中症の対策を食事で!前日の夕食のオススメメニューは?


「明日、外でスポーツの試合があるんだけど、
 前日の夕食で気をつけておくことって、何かあるかな?」


スポンサーリンク



って、悩んでませんか??


これから、ドンドン暑くなる季節に、
しっかりと押さえておきたいのが、
最近増えてきた、熱中症への対策

本来、気温が30度を超えるような真夏日には、
なるべく、外での運動を控えるようにするのが
ベストなのですが…

スポーツ大会イベントなど、あらかじめ
スケジュールが、決まっているような場合は、


「あ~、今日は暑い!
 大会なんて、ドタキャンドタキャン!」



なんて、勝手に休むわけにはいきませんよね^^;


そこで今回は、明日暑い中、外で活動することが
決まっているあなたに、熱中症対策としておすすめの、
前日の食事メニューについて、まとめました。

スポンサードリンク



で、具体的なメニューについて、
説明する前に…

本当に自分の身(もしくは、あなたのお子さん)を、
熱中症から守りたいなら、これを知らなきゃ始まらない!
という、普段からの食事のポイントが、3つあるんですよね。

ですので、まずはそれらを、
サクサクッ!とご紹介していきます。


逆にいえば、今から説明するポイントさえ
押さえておけば、熱中症にかかるリスクを、
一気にグーン!と、下げられるってことです^^


熱中症への対策!普段の食事で気をつけておくべきポイントは?


1. 食事は規則正しく&バランスよく!

サラダを食べる女性

これはもう、食事について語るときには、
必ず出てくる、常套句のようなもの!


だからといって、

「あ~、もうそんな話、耳にタコができるほど聞いてるよ。
 わかったわかった」



と思った、そこのあなた、
コレ、きちんと実行に移してますか??

比較的、過ごしやすい季節ならまだしも、
気温が高く、夏バテしやすい時期にもなると、
どうしても、食欲がダウンしがち。


  • 「今はお腹空いてないから、昼ごはんは抜きでいいや」

  • 「う~、食欲が出ないから、
     夜ご飯は、アイスクリームで済ませちゃおうかな」


こんな風に、食事を一食抜いたり、
お菓子で済ませようとしてしまう人も、
少なからず、いらっしゃると思いますが…

これでは、栄養が脳や全身にうまく行き渡らず、
暑さに、対応できないカラダになってしまいます。

食事は規則正しく、そしてバランスよく摂って、
熱中症に、なりにくいカラダをつくりましょう。


2. 前日のお酒はやめておこう!

お酒で乾杯する女性

過去に、熱中症にかかった人たちのデータを
集めたときに、傾向としてあらわれていたのが、
前日に飲酒をしていた人が、多かったということ。

これは、アルコールに、水分をカラダの外に出す
働きがあることが、理由だといわれています。


なので、明日暑い中、
外で活動することが決まっている、というあなたは、
今日のお酒は、グッ!と我慢した方がよさそうです^^


また、アルコールのほかに注意が必要なのが、
緑茶やコーヒーなどの、カフェインを含む飲み物。

こちらにも、おしっこが近くなるはたらきがあり、
暑い日当日に、水分補給をする感覚で飲むと、
逆効果になってしまうので、注意しましょう。


3. たんぱく質を含む食品をとろう!

ステーキとカットトマト

熱中症への対策となる、栄養・成分として、
よく名前にあがるのは、ビタミンやミネラルですが、
それと同じくらい重要なのが、たんぱく質

たんぱく質は、私たちのカラダのもとになる、
血や肉をつくってくれる、
とっても大切な、栄養素ですからね。


たんぱく質を多く含む、代表的な食品は、


  • 肉類(牛肉・豚肉・鶏肉など)
  • 魚類(さんま・まぐろ・うなぎなど)
  • 豆類(大豆・豆腐・納豆など)

ご覧のとおり。


運動前日は、もちろんのこと、
普段の食事から、これらの食品を積極的にとって、
熱中症に、なりにくいカラダを作りましょう。


ということで、お待たせしました!


お次はいよいよ、前日の夕食としてオススメできる、
熱中症対策になりうる、具体的なメニュー・献立について、
ご紹介していきます^^


汗をタオルで拭く女性


熱中症対策!前日の食事としてオススメなのはコレ!


さて、ここからは具体的な、
熱中症対策になる、食事のメニュー・献立について、
ご紹介していくわけですが…


この記事を読んでいる方の中には、


  • 「俺は今、米系のモノしか食いたくねぇ!」

  • 「私は今日、完全にイタリアンの気分なのよねぇ」

  • 「なるべく、子供が喜んで食べてくれる献立がいいわ!」


などなど、さまざまな方たちがいらっしゃると思います。


そこで、ここでは、


  1. 和食
  2. 洋食
  3. 中華
  4. イタリアン
  5. (主に)子供向け

この5パターンに当てはまる、
オススメの、熱中症対策メニュー(献立)を、
それぞれ、あげていくことにしますね^^


それでは、まずは日本人の心、和食から!


1. 和食の食事メニュー


  • さんまの塩焼き
  • じゃこなす
  • 冷奴
  • ごはん
  • 味噌汁

さんまの塩焼き

和食ということで、先ほども触れた、
熱中症を防ぐために、重要な栄養素である、
たんぱく質は、魚や豆腐から補給。

冷奴には、みそをかけるのが、
名古屋人である、私のお気に入りです♪


また、夏野菜であるナスには、
水分はもちろん、ビタミン・ミネラルが、
バランスよく含まれているのも、good。

これに、翌日のエネルギー源として
欠かせないごはんと、その最強のパートナー・
味噌汁を加えれば、熱中症対策はバッチリですね!


別パターンとしては、


  • うな丼
  • かぼちゃの煮つけ
  • お吸い物
  • カットオレンジ

こんな献立も、熱中症対策としてだけでなく、
夏バテへの対策にもなって、オススメです^^


お次は、今の日本でもっともポピュラーかもしれない、
洋食メニュー・献立の、ご紹介にうつります♪


2. 洋食の食事メニュー


  • ステーキ
  • 野菜サラダ
  • ごはん
  • コンソメスープ
  • メロン

鉄板にのったステーキ

たんぱく質は、ステーキでガッツリと補給して、
サラダとフルーツ(ここではメロンにしました)で、
ビタミンとミネラルを、しっかり確保。


先ほど、ナスが出てきましたが、
この野菜サラダにも、夏野菜である、
トマトきゅうりを、積極的に取り入れたいですね。

これに、エネルギー源であるごはんと、
水分と塩分を、一緒に補給できるスープを加えて、
熱中症への対策を、万全に。


なお、他の熱中症対策の一つとして、
あえて、前日の夕食は、
外食にするという手もありますね。

ずっと、エアコンの効いた部屋の中にいるよりも、
少しでも、外の空気に触れておいたほうが、
体も慣れてくるので、オススメですので。

サラダバーのある、ステーキレストランや
ハンバーグレストランに行けば、
お子さんも、きっと喜んでくれるはずですよ^^


3番目は、中華料理で熱中症対策!


3. 中華の食事メニュー


  • チンジャオロース
  • 春巻
  • ごはん
  • 中華スープ
  • カットオレンジ


こちらは、料理の負担をできるだけ軽くできるよう、
シンプルに、献立をまとめてみました。

上(画像)にのせておいたような、
お惣菜セットを、冷蔵庫に常備しておけば、
さらにラクチンに、調理することができちゃいますね^^


ここまで、和食・洋食のメニューに、
目を通してきたあなたなら、
もう、バッチリだと思いますが…

復習がてら、説明すると、
チンジャオロースの牛肉で、たんぱく質を、
ピーマンなどで、ビタミン・ミネラルを確保。

あとは白いご飯で、炭水化物を、
そして中華スープで、水分&塩分を、
しっかり補給する、といった流れですね。


なお、一回一回の食事は、
それぞれ、立派な水分補給の機会。

今回の中華スープをはじめ、味噌汁や
コンソメスープなどの汁物は、できるだけ
献立の中に組み込むことを、強くオススメします。


さらに続いては、お米ではなくパスタで、
エネルギー源となる、炭水化物を補給する、
イタリアンの食事メニューの、ご紹介です^^


4. イタリアンの食事メニュー


  • ミートソーススパゲッティ
  • サラダ
  • ベーコンスープ
  • オレンジジュース

ミートソーススパゲッティ

ミートソースのお肉で、たんぱく質を。

ミートソースに使うトマトや、サラダ、
そしてオレンジジュースで、ビタミン・
ミネラル
を確保するという、流れですね。


こちらの献立も、なかなかシンプルで、
家で作りやすいのは、もちろんのこと…

サイゼリアなどの、外食チェーンでも、
安く済ませることができて、家計のやりくりをする
ママにとっても、うれしいモノになっていると思います^^


そして最後は、夏の暑さにやられて、
食欲が落ちている、お子さんにピッタリの、
子供向け(大人も大好き!?)メニューです!


5. (主に)子供向けの食事メニュー


  • そうめん
  • 豚しゃぶサラダ
  • スイカ
  • 麦茶

そうめん

もう見るからに、夏の食欲のない時期に、
食べたくなるような献立!


それでいて、


  • そうめん    → 炭水化物
  • 豚肉      → たんぱく質
  • サラダとスイカ → ビタミン・ミネラル


と、熱中症予防として、
確実に押さえておきたい、栄養素をすべて含んだ、
優等生メニューになっています。

豚しゃぶサラダは、やっぱりゴマだれが、
美味しく頂けますよね♪


ということで、ラストは、今回のまとめと、
当日の朝食に、おすすめのメニュー・献立を
ご紹介して、記事を締めたいと思います^^


まとめ&当日の朝食は?


いかがでしたでしょうか。

今回は、熱中症対策としてオススメの、
前日(特に夕食)の、食事メニューについて、
具体例をあげながら、ご紹介してきました。


最後にもう一度、まとめると、
熱中症にかかるリスクを、下げるために、
普段の食事から、心がけるべきポイントは、


  1. 食事は規則正しく&バランスよく!
  2. 前日のお酒はやめておこう!
  3. たんぱく質を含む食品をとろう!

この3つ。


これをふまえたうえで、前日の食事は、


  1. 炭水化物
  2. たんぱく質
  3. ビタミン・ミネラル


特に、この3つの栄養素を、
しっかりと補給することが大切です。

具体的なメニューについては、記事本文の方で、
再度、ご確認くださいね^^


人差し指を立てる女性


で、当日の朝食も基本的には、
今まとめた栄養素を、もう一度しっかりと
補給しておきたいので、和食なら、


  • ごはん
  • 味噌汁
  • 焼鮭
  • 納豆
  • ほうれん草のおひたし

こんな感じの、献立。


そして、洋食なら、


  • トースト
  • サラダ
  • ゆで卵
  • バナナ
  • グレープフルーツジュース

こういった感じのメニューにするのが、
オススメです。


今回の記事を参考に、少しでも熱中症にかかる
リスクを減らして、楽しい夏を過ごしたいですね♪

もちろん運動中は、水・スポーツドリンク、
あるいは、経口補水液といった飲み物で、
こまめに水分補給をするのを、忘れずに^^

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ