暑中見舞いのはがきの文例は?友人や先生に送るならコレ!


「友人や恩師に、暑中見舞いを送ろうと思うんだけど、
 どうやって書いたらいいのかな?」


って、悩んでませんか?

スポンサーリンク



仲のいい友達や、学生時代の恩師に向けて、
体調を気遣いつつ、安否を尋ね、こちらの近況を知らせるのが、暑中見舞い

自分の近況を伝えるという点においては、たくさんの枚数が届く年賀状よりも、
相手にじっくりと読んでもらいやすく、便利なのも、暑中見舞いのいい所です。

今回は、そんな暑中見舞いのはがきについて、基本的な構成から、
友人や、先生に送る場合の文例もご紹介しながらまとめました。


スポンサードリンク


なお、暑中見舞いを送るのに、適切な時期については、
↓こちらの記事の中で、くわしく解説していますので…

⇒ 【関連記事】「暑中見舞いのはがき!時期はいつからいつまで?」


気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね^^


暑中見舞い!はがきの基本的な構成はコレ!


暑中見舞いのはがき(ハガキ・葉書き)を書くにあたって、押さえておきたい、
基本となってくる構成(流れ)は、以下のとおり



  1. 「暑中お見舞い申し上げます」
  2. 季節を感じさせる言葉
  3. 相手の健康をたずねる言葉
  4. 自身の近況を伝える文章
  5. 相手の健康を祈る言葉
  6. 日付け


1つずつ、順番に見ていきましょう。


1. 「暑中お見舞い申し上げます」

まずは、暑中見舞いに欠かせない「暑中お見舞い申し上げます」の文言を、
はがきの冒頭に、書いていきましょう。

のちほど、例文のところでもご紹介しますが、この「暑中お見舞い…」の文字は、
他の文章よりも大きく、目立つように書くのがポイント。

正直なところ、このフレーズだけきちんと書いておけば、
あとの文章は、かなりくだけたものになっても問題ありません


2. 季節を感じさせる言葉

続いて季節、つまり暑い夏であることを感じさせるような言葉を、
はがきに書いていきます。

以下に、いくつかをあげておきますので、
あなたが実際に暑中見舞いを書く際の、参考にしてくださいね。


【季節を感じさせる言葉の例】

  • 梅雨もようやく明け、本格的な暑さが続いておりますが…

  • 夏も本番となり、陽射しも強くなってきましたが…

  • 今年も、暑い日が続いておりますが…


3. 相手の健康をたずねる言葉

季節の言葉を書いたら、そのままその後に、
相手の健康をたずねる言葉を、続けて書きます。

こちらも、以下に例をあげておきますので、
ぜひ、チェックしてください。


【相手の健康をたずねる言葉の例】

  • いかがお過ごしでしょうか。

  • お変わりなくお過ごしでしょうか。

  • ○○先生におかれましては、ますますご活躍のこととお慶び申し上げます。


うちわ イラスト


4. 自身の近況を伝える文章

そして、あなたの近況報告

ここの文章をより具体的に、臨場感あふれるようなものにすると、
受け取った相手も、楽しく読むことができるのでオススメです。


こちらも、いくつかをあげておきますね。


【自身の近況を伝える文章の例】

  • 私は週末ともなれば、海へとクルマを走らせて、
    サーフィンを楽しみ、暑い夏を満喫しています。

  • 実は最近、彼女ができて、今度の夏休みには二人で、
    ○○も大好きなディズニーに行こうかと、計画を立てています。
    おすすめのアトラクションや、まわり方があったら教えてね。

  • 就職してから初めての夏、想像以上にスーツで過ごす夏の日は蒸し暑く、
    何もしないでいても、まるでサウナに入っているような気分です。
    このまま自然と、ダイエットが成功しないかな(笑)


5. 相手の健康を祈る言葉

文章の最後には、先方が暑い夏を元気に過ごせるよう、
相手の健康を祈る言葉を、入れるようにしましょう。


こちらも、をあげておきます。


【相手の健康を祈る言葉の例】

  • 暑さはこれからが本番です。
    どうかくれぐれもご自愛ください。

  • 暑い夏はまだまだ続きそうです。
    お互い体調には気をつけて、楽しい夏を過ごしましょう。

  • 暑さ厳しき折、先生のご健康を心よりお祈りいたしております。


ちなみに、ちょっとした豆知識ですが、
このときによく使う、「自愛(じあい)」という言葉には、


「自分の身体の、健康状態に気をつけること」


と、すでに「身体(からだ)」という意味が含まれています。

ですので、「お体ご自愛ください」と書いてしまうと、



  • 水の中に、入水する

  • 筋肉の、筋トレをする

  • 本を、読書する


などの文と、同じように、
意味が重複してしまうことになるので、本来はNG

せっかくなので、この機会に頭に入れておきたいですね。


金魚すくい イラスト


6. 日付け

文章を書き終わったら、はがきの一番端に、


「平成○○年 盛夏」


といった具合に、日付けを入れれば、美しい暑中見舞いの完成です。


「ん?具体的な日づけは書かなくていいの?」


と思った方もいらっしゃるかもしれませんが…

暑中見舞いの場合は、上のように「盛夏(せいか = 夏の暑い盛りの時期)」という
言葉を使うのが、慣例になっているため、これで大丈夫ですよ^^


暑中見舞いのはがきを、友人に送る場合の文例は?


ということで、お次は、これまでの構成・流れをふまえたうえで、
実際の、暑中見舞いのはがきの文例について見ていきましょう。

まずは、友人に暑中見舞いを送る場合の例文から。


暑中見舞いのはがきの文例(友人へ)


仲のよい友人に、暑中見舞いを送る場合は、
このくらい、くだけた文章にしても全く問題ありません

ふだんメールでやりとりしている、何気ない会話や近況報告を、
手書きにして、はがきで送ってみる。

たったこれだけで、あなたと相手のあいだに、
ほんわかとあたたかい絆を、改めて感じることができますよ^^


ちなみに、暑中見舞いを友人に送る場合は、無地のはがきよりも、
こういったイラストつきのものを使ったほうが、雰囲気が出てオススメです。



できあがりイメージの確認が、何度でも無料でできるお得なサービスなので、
気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


暑中見舞いのはがきを、先生に送る場合の文例は?


続いては、学生時代にお世話になった先生に対して、
暑中見舞いのはがきを送る場合の、文例です。


暑中見舞いのはがきの文例(先生へ)


こちらはあなたが学生だったときの、先生との関係性に応じて、
文章の固さを決めていくとよいでしょう。

少々かしこまった関係だった場合は、暑中見舞いの文章も、
ある程度、形式をしっかりと守った、固めの文章に。

逆に、親しみやすくフランクな会話もできたような先生の場合は、
暑中見舞いも、少しくだけた文章にするのがベター。

その方が、暑中見舞いを受け取った先生も、当時のあなたとの思い出を、
よりハッキリと思い出せて、楽しいはずです。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は暑中見舞いのはがきを、友人や先生に送る場合の、
構成や文例について、まとめてきました。

これで暑中見舞いを書くペンは、スラスラと進みそうですか?


基本的な構成さえ押さえておけば、あとは極端な話、普段のメールのような、
フランクな文章で書いてOKなのも、暑中見舞いの魅力の一つ

暑くて気分もだれそうな、夏の季節、昔のキラキラした思い出に浸りながら、
暑中見舞いを書けば、あなたの気分も前向きになること、間違いなし!?

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ